交通事故のご相談は賢誠総合法律事務所まで

交通事故法務の知恵袋(弁護士 牧野誠司)

医師の追加意見書なく,自賠責の異議申し立てが通り,14級を取得した事例

この事件では,私達弁護士がサポートさせて頂く前に,被害者であるご依頼者について,相手方保険会社が進めた自賠責の手続で,後遺障害の存在が否定されていました。   後遺障害診断書の内容も,我々が関与していないので, […]

裁判で相手方に100%の過失を認めさせた事案(追突か,逆走衝突か)

スーパーの敷地内で,当方依頼者の自動車が普通に進行していたところ,その前方を走っていた相手方の自動車が急に逆走(バック)を開始して当方依頼者の自動車に衝突した事案で,相手方は,当方依頼者の自動車が「急に出てきた」「追突し […]

自賠責の等級認定の異議申し立てでも後遺障害が認められなかった事例で,裁判で14級が認められたケース

この事案では,ご依頼者は交通事故による頚椎捻挫の影響で,手に痺れが出て手作業をする仕事に支障をきたしてしまっているという事案だったのですが,他覚所見がないということで,自賠責の等級認定では後遺障害が認められず,納得ができ […]

相手方が3級の後遺障害を主張した案件で1級の後遺障害が認められた事案

本件は,自転車同士の交通事故により,当事務所のご依頼者が脳挫傷等の傷害を負い,重度の後遺障害が残ってしまったという事案でした。   当事務所が弁護士としてこの事件を受任し,後遺障害は1級相当である(自転車事故な […]

Pagetop