交通事故のご相談は賢誠総合法律事務所まで

交通事故法務の知恵袋(弁護士玄政和)

役員報酬すべてを休業損害及び逸失利益の基礎収入として和解が成立した事案

以前,「ホーム>実績・事例紹介>頚椎椎間板ヘルニアがある事案において,事故による外傷の可能性が高いことを明らかにし,自賠責において14級9号の後遺障害等級が認定された事例頚椎椎間板ヘルニアがある事案において, […]

頚椎椎間板ヘルニアがある事案において,事故による外傷の可能性が高いことを明らかにし,自賠責において14級9号の後遺障害等級が認定された事例

この事案は,3台の玉突き事故で,ご依頼者は先頭で追突された被害者です。ご依頼者には,頸部や腰の痛み,両手のしびれ等があり,通院を続けていましたが,MRI画像により,C5/C6の頚椎椎間板ヘルニアが存在することが発覚しまし […]

Pagetop